菜の壺 - 家の庭を菜の花畑に!

アブラナ科が世界を救うかも?

アブラナ科が世界を救うかも?




優れたアブラナ科

アブラナ科は言わずと知れた名野菜です。

これは菜種油といい、サラダ油ともいいますが、種から取られた油が必需品です。

地域によって世界では、オリーブからとった油がメインであったり、ゴマからとったりする油なども有ります。

しかし、どれもどう考えても面倒な感じがしてしまう、気が遠くなるほどの手作業がありそうな感じがします。

植物を育てて油をしぼる場合、その育てるのにかかる手間というのがあります。また、どれだけの種がとれるかということも大事です。

そういうことでは、アブラナ科は凄まじい数の種がとれるものです。

放置しておいても勝手に育ちますし、花は菜の花なのですが、次から次へと枝分かれして、大量の花を咲かせて、1つの花からさや状の種が入った実が付き、 すぐに乾燥出来て、油を抽出できます。

収穫、選別も全部自動でできそうな感じです。













おすすめのページ

みず菜の育て方

みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。 多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。 水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。 区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。

わさび菜の育て方

おそらく、地味な菜種類の野菜の中で一際、異彩を放つ目立つ存在であるわさび菜です。 ここまで尖った見た目も他にはないですし、味もわさび?というように辛味があります。大根、マスタードのたぐいの辛さで、きつくはありません。火を通すと完全に消えてしまうものです。 不思議な野菜、わさび菜の魅力を育ててみて体験してみるといいかとおもいます。

みぶ菜(壬生菜)の育て方

発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。 かなり緑が濃いです。 この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。

かつお菜の育て方

古くからある野菜で、不思議なカツオ節の味がするという野菜です。そうはいっても、特別なものではなく、イメージとしては白菜を入れると、同じような味がします。 元々白菜はそういう味を持っているようです。だから、鍋にも合うのだと思います。 このかつお菜は、柔らかい結球しない白菜だといえるかもしれません。山東菜とも違い、葉の数がかなり少ないです。

山東菜(さんとうな)、べか菜の育て方

山東菜という名前ともべか菜とも言われています。 べかなというと、小さいうちに収穫してしまい、ホウレンソウやコマツナのように使ったりすることがあります。 また、山東菜というと、小さいものから、中型、大型にしたものまであります。 これは、白菜が開いた状態、つまりは、白菜なのですが、結球しない白菜です。





水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニゴーヤー 緑のカーテン山林 競売うさぎイチゴ熱帯魚文鳥 産卵 病気海釣り公園ダイコン 育て方りショウガ種まき方法トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方カブの育て方マメの育て方根、茎、葉うさぎ