菜の壺 - 家の庭を菜の花畑に!

アブラナ科の苗作りのポイント、注意

アブラナ科の苗作りのポイント、注意




苗は1本づつに仕立てる

アブラナ科の苗を育苗するときには、セルトレイ、育苗ポッドなどを使うと思いますが、この時に、どうしても2本3本、下手をすると5本以上もの菜の苗が1つの入れ物で 成長していることがあります。

このとき、定植する時に2つに分ければいいやと思っていると、、、出来ないことはないのですが、面倒で疲れます。

それは、苗作りをする入れ物が、育苗ポッドからセルトレイと小さくなるほどに土の量が少なくなります。

そのため、おたがいの根が絡み合い、ほぐして分ける時にどうしても苗の根を切ってしまうことがあります。どんなに注意しても切ってしまいます。

また、1ヶ月くらい育苗している間に、小さい容器の場合はとくに土が固まってしまいます。ここで鹿沼土やバーミキュライト、ピートモス、パーライトが たっぷりまざった培養土を使っていればいいのですが、真砂土(普通の土)をそのまま入れると、かちかちに固まってしまいます。

そんな状態で複雑に絡まった根をとるなんて、、不可能に近いです。水で全部洗い流すしかありません。

入れ物から出して、硬い土の塊を崩した瞬間に根を大量に切断してしまうことでしょう。

バケツの水につけてほぐすと、水耕栽培をするならいいですが、根がひとかたまりにまとまってしまい、それを植えると、根同士がぶつかり合い、結局、少しの根しか まともに成長できません。

そう考えると、たとえ種を2,3粒まいて2,3本の苗が成長していても、セルトレイや育苗ポッドに植えている間に1本を残して他は、茎を切り1本だけにして 育てていくほうがいいように思えます。

もちろん、手間と根が傷んで成長が遅れることを気にしなければいいですが、アブラナ科にはたくさんの種類で、「温かいうちに早く大きく育てて、年内のうちに収穫する!」ことが 命題のような野菜があります。

とくに白菜などは苗のうちに根を痛めたくらいでも、成長が間に合わず、年内に成長しきれず、年明け、春になって成長しても、結球せず白菜としては楽しめないものです。

時間との勝負が多いアブラナ科の苗作りはそれなりのコツやポイントがあるようです。











おすすめのページ

みず菜の育て方

みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。 多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。 水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。 区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。

わさび菜の育て方

おそらく、地味な菜種類の野菜の中で一際、異彩を放つ目立つ存在であるわさび菜です。 ここまで尖った見た目も他にはないですし、味もわさび?というように辛味があります。大根、マスタードのたぐいの辛さで、きつくはありません。火を通すと完全に消えてしまうものです。 不思議な野菜、わさび菜の魅力を育ててみて体験してみるといいかとおもいます。

みぶ菜(壬生菜)の育て方

発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。 かなり緑が濃いです。 この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。

かつお菜の育て方

古くからある野菜で、不思議なカツオ節の味がするという野菜です。そうはいっても、特別なものではなく、イメージとしては白菜を入れると、同じような味がします。 元々白菜はそういう味を持っているようです。だから、鍋にも合うのだと思います。 このかつお菜は、柔らかい結球しない白菜だといえるかもしれません。山東菜とも違い、葉の数がかなり少ないです。

山東菜(さんとうな)、べか菜の育て方

山東菜という名前ともべか菜とも言われています。 べかなというと、小さいうちに収穫してしまい、ホウレンソウやコマツナのように使ったりすることがあります。 また、山東菜というと、小さいものから、中型、大型にしたものまであります。 これは、白菜が開いた状態、つまりは、白菜なのですが、結球しない白菜です。





水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニゴーヤー 緑のカーテン山林 競売うさぎイチゴ熱帯魚文鳥 産卵 病気海釣り公園ダイコン 育て方りショウガ種まき方法トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方カブの育て方マメの育て方根、茎、葉うさぎ