菜の壺 - 家の庭を菜の花畑に!

水菜(ミズナ)、みず菜の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−白い斑点、病気、虫−茎が太くて固い、冬になると紫色







水菜(ミズナ)、みず菜の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−白い斑点、病気、虫−茎が太くて固い、冬になると紫色



みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。

多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。

水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。

区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。




みず菜の育て方

種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
高冷地:7月上旬-8月上旬
冷涼地

中間地:8月中旬-10月中旬

暖地:9月上旬-10月下旬
元肥(例)

・化成肥料や有機肥料などを説明書の指示通りに与えます。

・堆肥:牛ふんなどを 1000g程度与えます。(例)

追肥

・必要に応じて与えます。
種まき方法

種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。
種は筋を作って筋播きします。害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

年内の早い時期に収穫するためには、可能な範囲で早く種まきをします。しかし、夏場は害虫の発生が多いので、9月に入って虫が落ち着いてからの方が育てやすいかもしれません。

筋播きで種まきするので密集してしまいますので、発芽後、すぐにと、本葉が3,4枚生えてきてからと、あとは様子を見ながら選抜していきます。
春の花が咲く時期さえ避ければ、一年中、栽培することも可能です。温度さえ確保できれば成長します。


収穫時期

種まき後、2ヶ月〜3ヶ月程度で大きくなったものを収穫できますが、葉を食べるため、いつでも収穫できます。






発芽後すぐに春菊のような鋭い、不思議な葉が伸びてきます。

しかし、不思議です。
少し弱いところがあるようで、暑さには特に弱いです。

菜の葉の仲間では寒い時期に適した野菜です。梅雨から真夏はかなりダメに成ってしまいます。

これは種まきしたのが少し早く、暑さのため縮れてしまい、成長不良で枯れてしまいました。
燃える炎のようです。緑の炎、そういう料理に使ったらいいと思います。
いい感じです。

これでもかって言うほどに密植していますが、これでも相当、絞って、種を減らしました。

間引きが大変であり、成長不良になるため、ある程度まばらにまくほうがいいです。

これくらいが一番おいしいですので、どんどんと抜いていきます。






最高にいい時です。

生で食べるにはこれくらいがいいと思います。

成長して売られているのは、鍋などで火を通すものだと思います。

安易に流行りの高級スーパーではなにもかんがえずにナマの硬いみず菜を生野菜サラダとして入れているものがありますが、はなしになりません。

ちゃんと火を通すか、小さい、若葉を使ってほしいものです。
綺麗です。こういう状態を維持できたらいいのですが。
こちらは大きくなった株です。真冬でも元気なのがミズナです。





みず菜は最も手軽な京野菜


はやりの京野菜、なぜ、京都だけが、、、負けじと東京野菜の小松菜ががんばっていますが、勝てそうにありません。

鎌倉野菜もあります。浜野菜という横浜野菜もありますが、主力は小松菜です。

しかし、たかが、葉っぱです。

極端にいうと、料理すると、どれも一緒で、味は変わりません。

だから、いっぱい作っていると、30種類の冬野菜を食べ分けると楽しいかというと、実際には、2,3種類の味しかありませんし、物凄く飽きます。

だから、人は葉は食べるものじゃないんだとおもいます。それをなぜか、TVが食べろ食べろっていうから、JAに協力して食べているわけですが、実際には、草食動物じゃないんだから、草を食べてどうこうできるもんじゃありません。

せいぜい、すり潰して青汁にして、ビタミンとミネラルを吸い取るくらいです。

草食動物は草から肉を作ります。

人にこれができるかというと、出来ない人とデキる人がいます。

しかし、草食動物は二度食いしますし、はんすうしますし、構造が違います。所詮、人はできません。

牛なんてあれだけの脂肪を草から作っているわけです。

草が健康に良い?

だけど、体脂肪だらけで霜降りになってしまうかもしれませんよ。人が草を消化できたら、 、、

消化できないからこそいい。あるいみ、要らないもの、たべても意味が無いものを食べているというわけで、それが食物繊維等と言われて、消化されないから、便にいいなんていいますが、、なにをいっているのか、

本末転倒な話題ですが、

草を食べたからといって偉くはありません。

子供が草を食べても、道端の草を食べたら叱ります。でも、自分が出した草を残したら叱ります。おかしな話です。

どちらも栄養なんてなくて、ミネラルがあるだけです。食べても、肉にはなりません。

ある地域では、腸内細菌で、植物からタンパク質を作り出すらしいですが、とりあえず、それは不可思議なことでもあります。普通は、現代人なは無理でしょう。

でも、野菜だけをたべている人もいるわけで、成長期は難しいですが、維持くらいならできるか?

それとも、衰弱していくのに気が付かないだけか、、、、

豆とかは蛋白いっぱいで栄養豊富なのですが、葉はほとんどありません。








おすすめのページ

みず菜の育て方

みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。 多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。 水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。 区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。

わさび菜の育て方

おそらく、地味な菜種類の野菜の中で一際、異彩を放つ目立つ存在であるわさび菜です。 ここまで尖った見た目も他にはないですし、味もわさび?というように辛味があります。大根、マスタードのたぐいの辛さで、きつくはありません。火を通すと完全に消えてしまうものです。 不思議な野菜、わさび菜の魅力を育ててみて体験してみるといいかとおもいます。

みぶ菜(壬生菜)の育て方

発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。 かなり緑が濃いです。 この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。

かつお菜の育て方

古くからある野菜で、不思議なカツオ節の味がするという野菜です。そうはいっても、特別なものではなく、イメージとしては白菜を入れると、同じような味がします。 元々白菜はそういう味を持っているようです。だから、鍋にも合うのだと思います。 このかつお菜は、柔らかい結球しない白菜だといえるかもしれません。山東菜とも違い、葉の数がかなり少ないです。

山東菜(さんとうな)、べか菜の育て方

山東菜という名前ともべか菜とも言われています。 べかなというと、小さいうちに収穫してしまい、ホウレンソウやコマツナのように使ったりすることがあります。 また、山東菜というと、小さいものから、中型、大型にしたものまであります。 これは、白菜が開いた状態、つまりは、白菜なのですが、結球しない白菜です。





水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニゴーヤー 緑のカーテン山林 競売うさぎイチゴ熱帯魚文鳥 産卵 病気海釣り公園ダイコン 育て方りショウガ種まき方法トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方カブの育て方マメの育て方根、茎、葉うさぎ