菜の壺 - 家の庭を菜の花畑に!

みぶ菜(壬生菜)の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−水菜と違う?




壬生菜収穫時期



みぶ菜(壬生菜)の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−水菜と違う?






みぶ菜(壬生菜)の育て方


種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
高冷地:7月上旬-8月上旬
冷涼地

中間地:8月中旬-10月中旬

暖地:9月上旬-10月下旬
元肥(例)

・化成肥料や有機肥料などを説明書の指示通りに与えます。

・堆肥:牛ふんなどを 1000g程度与えます。(例)

追肥

・必要に応じて与えます。
種まき方法

種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。
種は筋を作って筋播きします。害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

年内の早い時期に収穫するためには、可能な範囲で早く種まきをします。しかし、夏場は害虫の発生が多いので、9月に入って虫が落ち着いてからの方が育てやすいかもしれません。

筋播きで種まきするので密集してしまいますので、発芽後、すぐにと、本葉が3,4枚生えてきてからと、あとは様子を見ながら選抜していきます。
春の花が咲く時期さえ避ければ、一年中、栽培することも可能です。温度さえ確保できれば成長します。


収穫時期

種まき後、2ヶ月〜3ヶ月程度で大きくなったものを収穫できますが、葉を食べるため、いつでも収穫できます。




発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。

かなり緑が濃いです。

この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。
細長い感じ、程度の葉ですが、これがどんどんと伸びていきます。
だいぶ伸びました。

しかし、まるで雑草のようです。

これが有名な野菜だとはあまり思えません。伝統野菜で貴重なもので、生では中々スーパーでも売られていません。
もうだいぶ伸びてきました。

これくらいで選抜育成、間引いていかないとなりません。
細長く、裏側から反り返ってくるように育ちます。

丸まった円形の葉が出てきます。
冬も本格的になると、緑が濃くなり、ミブナの成長が本格的になってきます。

このミブナは温かいうちに成長させきる、というよりはじっくりと冬の間を時間をかけて成長していくという感じです。

そのため、あまり生で出まわらず、漬物など加工食品になっていることが多いようです。

どんどんくねっています。こういうようになりがちです。
多少虫食いもあります。

とにかく緑が濃いです。全然、ミズナとは違います。名前は似ていますが違う特徴です。

なんだか、固そうな葉です。








茎の方が葉よりも太いのがわかります。

基本的にミブナとは葉を食べるというより、茎を食べる感じのようです。
成長がだいぶいいです。

裏に反り返りながらどんどんと広がっていきます。
壬生菜収穫時期 最終的には春までの間にかなりの大型の株になります。葉をカットして収穫し続けると楽しめます。







おすすめのページ

みず菜の育て方

みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。 多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。 水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。 区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。

わさび菜の育て方

おそらく、地味な菜種類の野菜の中で一際、異彩を放つ目立つ存在であるわさび菜です。 ここまで尖った見た目も他にはないですし、味もわさび?というように辛味があります。大根、マスタードのたぐいの辛さで、きつくはありません。火を通すと完全に消えてしまうものです。 不思議な野菜、わさび菜の魅力を育ててみて体験してみるといいかとおもいます。

みぶ菜(壬生菜)の育て方

発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。 かなり緑が濃いです。 この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。

かつお菜の育て方

古くからある野菜で、不思議なカツオ節の味がするという野菜です。そうはいっても、特別なものではなく、イメージとしては白菜を入れると、同じような味がします。 元々白菜はそういう味を持っているようです。だから、鍋にも合うのだと思います。 このかつお菜は、柔らかい結球しない白菜だといえるかもしれません。山東菜とも違い、葉の数がかなり少ないです。

山東菜(さんとうな)、べか菜の育て方

山東菜という名前ともべか菜とも言われています。 べかなというと、小さいうちに収穫してしまい、ホウレンソウやコマツナのように使ったりすることがあります。 また、山東菜というと、小さいものから、中型、大型にしたものまであります。 これは、白菜が開いた状態、つまりは、白菜なのですが、結球しない白菜です。







おすすめの商品








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料リーフレタスミックス500g 業務用 ご家庭でも新鮮長持ち
価格:1980円(税込、送料無料) (2017/1/3時点)









公園 自転車のタイヤ摩擦 空気圧 細いタイヤ フロント多段化 ロゴ消し方水槽レイアウト 鯉 アフリカンシクリッド ディスカス 金魚 メダカネギ 育て方 料理の仕方 関東関西の違いズッキーニ 丸 UFO型 食べ方安い 中判フィルム 自家現像 モノクロ カラー 薬品 入手方法ゴーヤー 緑のカーテン ベランダ エコ山林 競売 買ううさぎ 種類 性格 大きさ 水飲みボトルの比較イチゴ熱帯魚 病気 飼育 ろ過 照明 色温度文鳥 産卵 病気海釣り公園 ベラの釣り方 イワシの釣り方 ポイントダイコン 辛味大根 薬味 レシピ 育て方 土寄せ 穴掘りショウガ、ミョウガ 秋ウコン 春ウコン 健康栄養種まき方法、発芽適温、育て方、発芽日数 新芽トマトの育て方 水耕 わき芽取り 冬栽培海岸、浜、港イモの育て方 種類 地下茎カブの育て方 地面の上にできる? 種類マメの育て方 種類 珍しいマメ 食べ方 薬用壁、塀、騒音対策、断熱シート根、茎、葉伝統食材うさぎ 飼い方 不正咬合 遊び方