菜の壺 - 家の庭を菜の花畑に!

白菜の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−肥料を与えて結球させる!ポットから出す時根を痛めない!−害虫に弱い、葉にできる黒い点







白菜の育て方−肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安−肥料を与えて結球させる!ポットから出す時根を痛めない!−害虫に弱い、葉にできる黒い点





白菜というと、豊作すぎて値下がりすぎて困っていて、出荷すると赤字になるなどという話が話題になったことも有りました。

そんなに簡単に作れるのかとおもいきや、実は冬の野菜でもかなり難しい部類のものだと思います。

なぜなら?根がそれほど強くないのですが、成長は年内に完成していないとなりません。これは時間との勝負の冬野菜の栽培においてかなり重要な事で、苗を作る時期、苗の段階で根をいためたり成長不良にしたら、もう、立派な白菜にはならないというくらいシビアなもののようです。

家庭菜園では、苗を高いお金を払って買わないと、年内に間に合ったためしがありません。

そのかわり、来春に伸びてくる花の蕾が大変美味しく美味ですので、結球しないのでそのまま放置して蕾を食べると、白菜よりもお得です。なんといっても、白菜の柔らかさを持っている蕾です。スティックブロッコリーの比ではありません。春先はすぐに硬くなってしまい食べられませんが、これは本当に柔らかいです。




白菜の育て方


種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
高冷地:5月上旬-5月下旬、
冷涼地 8月下旬-9月中旬

中間地:4月上旬-4月下旬、
暖地  9月中旬-10月上旬
元肥(例)

・化成肥料や有機肥料などを説明書の指示通りに与えます。

・堆肥:牛ふんなどを 1000g程度与えます。(例)

追肥

・必要に応じて与えます。
種まき方法

種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。

種は植え穴を作って点播きして成長に連れて選抜しながら育てます。

苗を作ってから定植する場合は、育苗ポッドに種を5粒程度まき、成長の良い物を残して1本にします。本葉が4,5枚程度になったら植え付けます。

早い時期に1本にして最大限成長させるようにします。また、根が回りすぎて痛むので、植え付けが遅くならないようにします。

害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

年内に収穫できないと、翌年は、結球を期待できませんので、出来る限り早めに成長させて収獲します。


収穫時期

種まき後、2ヶ月〜3ヶ月程度で大きくなったものを収穫できます。結球しているものを厳寒期の間、紐や藁で上を縛って置くと、霜や寒さから避けられ、甘みを蓄えると言われています。

また、とう立ちしてきた蕾が柔らかくて、大変、美味しいです。




発芽しました。

これから苗を作らなければなりません。植えるまでに出来る限り大きく成長させておかないと結球できなくなってしまいます。
素早く、選抜していかないとすぐに成長が遅くなってしまいます。
これくらいになると、葉が大きく丸くなっていって、ハクサイの特徴を表し出してきます。

苗を作って植え替える場合は、この頃に行います。

根が弱いため、いためるとすぐに成長が弱ってしまいますので、慎重に土ごと移植します。
だいぶ虫食いにやられてしまいました。

ハクサイは虫に食べられやすいようです。品種改良されて柔らかい葉になればなるほど弱いということでしょうか。

もっと野性味あふれるハクサイのほうが強いのかもしれません。昔のハクサイは今よりも大きくて、今よりも葉の歯ごたえが強かったような気がします。
ほとんど食べられてしまいました。

これでは成長が鈍って結球できないでしょう。

年内に結球できないと、年明け、春には花が咲いていしまうので、もう結球することはないようです。
芯の部分はたしかにハクサイのようです。

実は春先に咲く花が、蕾が美味しいのです。

それ狙いで育てることにします。これは美味です。菜の花の蕾でもっとも柔らかいのが白菜ではないでしょうか?

たくさん出てきて、ブロッコリーのように収穫できます。ただし、ずーっと柔らかい蕾です。
冬越の準備です。

こうすることで保温できて寒さから守ることが出来ます。
寒い間も収獲して食べることが出来ます。よく、雪の下から白菜を掘り出している光景を目にします。











おすすめのページ

みず菜の育て方

みず菜とは、京みず菜というように、伝統野菜として広く広まっていますが、全国で見かけ買うことができる野菜です。栽培も盛んです。 多少、寒い、低温の方が溶けずに作りやすいため、冬場が本場です。 水かけ菜という、田んぼに湧き水を引き入れて保温しながら冬場に小松菜を作ることを、みず菜ともいいますが、一般的にはみず菜というと、こちらの方がイメージされます。 区別するために、京みず菜という名称があります。本来は、京都、壬生地区でミブナとみず菜が両方作られていました。どちらかが変異してできた種で、似た仲間の野菜です。

わさび菜の育て方

おそらく、地味な菜種類の野菜の中で一際、異彩を放つ目立つ存在であるわさび菜です。 ここまで尖った見た目も他にはないですし、味もわさび?というように辛味があります。大根、マスタードのたぐいの辛さで、きつくはありません。火を通すと完全に消えてしまうものです。 不思議な野菜、わさび菜の魅力を育ててみて体験してみるといいかとおもいます。

みぶ菜(壬生菜)の育て方

発芽後、すぐに特徴のある細長い真っ直ぐな本葉が伸び始めてきます。 かなり緑が濃いです。 この新芽の発芽時点で茎の色が緑が強いのが分かります。

かつお菜の育て方

古くからある野菜で、不思議なカツオ節の味がするという野菜です。そうはいっても、特別なものではなく、イメージとしては白菜を入れると、同じような味がします。 元々白菜はそういう味を持っているようです。だから、鍋にも合うのだと思います。 このかつお菜は、柔らかい結球しない白菜だといえるかもしれません。山東菜とも違い、葉の数がかなり少ないです。

山東菜(さんとうな)、べか菜の育て方

山東菜という名前ともべか菜とも言われています。 べかなというと、小さいうちに収穫してしまい、ホウレンソウやコマツナのように使ったりすることがあります。 また、山東菜というと、小さいものから、中型、大型にしたものまであります。 これは、白菜が開いた状態、つまりは、白菜なのですが、結球しない白菜です。





水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニゴーヤー 緑のカーテン山林 競売うさぎイチゴ熱帯魚文鳥 産卵 病気海釣り公園ダイコン 育て方りショウガ種まき方法トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方カブの育て方マメの育て方根、茎、葉うさぎ